report

Experience Report

桜の下でプロポーズ。だから式も桜の時期にと思っていました 西澤・小林御両家様

結婚式日時2015年4月5日
挙式スタイルキリスト教式
披露宴会場SOL ROOM

LUCISを選ばれた理由は何ですか?

自分たちにぴったりの式場を選ぶために、いろいろ比較しましたが、プランナーさんを始めスタッフの皆さんの根っからのアットホームな感じと、懇切丁寧な対応にすっかり安心して、是非任せたいと思いました。
桜の季節には、満開の桜並木に彩られた上野公園を見下ろしながら、デートでも訪れた東京スカイツリーをチャペルから一望できるのも決め手になりました。
また、新郎の実家が青森なので、親戚が都心へアクセスする際の利便性は重視しました。東北新幹線で一気にLUCISに最寄りの上野駅まで来る事ができるので、とても便利でした。
式を決めたときは旧館のLUCISだったので、そのときはまだ出来上がっていなかった、見た事もない新館のLUCISで式を挙げる事となりましたが、打ち合わせで足を運ぶたびに、 LUCISが生まれ変わっていくようで、一緒に進んでいるような気がして、とても思い入れが深くなりました。
式の打ち合わせを進めるうちに、新婦には内緒で、こっそりお願いして、結納もLUCISでやらせてもらいました。

挙式・披露宴の感想(こだわりなど)をお願いします

挙式は、LUCISのバージンロードを活かせる、長いトレーンとベールのウェディングドレスにしました。
披露宴は、思い出の花「桜」を意識して、卓上花にも桜を入れてもらい、ウェディングケーキも桜のデコレーションをつけてもらいました。
窓からも桜を眺められ、思い出の花に囲まれての披露宴にすることができました。
披露宴は、ゲストに楽しんでもらうことを一番に考えました。余興は卓別対抗のクイズゲームにしました。
余興の内容で、迷うことも多かったですが、プランナーさんや司会の方にご協力いただき、ゲスト全員が楽しめる内容になりました。
また、母へのサプライズとして楽器演奏もプレゼント出来ました。
演奏のための事前練習や当日の楽器保管など、心配することなくサポートしていただき、母を喜ばせることができてとても嬉しかったです。

これから披露宴を挙げられるカップルへのアドバイスをお願いします

二人の思い出や、どんな式にしたいか、などなど漠然としたイメージでもプランナーさんに相談してみてもいいと思います。
私たちは、思い出の花「桜」を伝えることで、当日の装花やケーキについて、プランナーさんが一緒に考えてくださったりと本当に心強かったです。
余興の形式や内容で迷うこともありましたが、こうしたら面白いのでは?など、いつも快く相談にのっていただきました。
ドレス・ケーキ・余興・装花などなど、どれも相談しながら決めることができて、イメージ通りの式、披露宴で、本当に思い出に残るものになりました。
LUCISは披露宴のスタイルもマザーシップや高砂と自由に選べるので、自分たちのイメージに合った披露宴にできると思います。
お料理もお箸で食べられ、お酒の種類も多く、幅広い年齢のゲストの方に本当に好評でした。
また、青森の実家から訪れてくれている親戚が式を終えた後、新幹線で帰郷する予定でしたが、 新郎も新婦も披露宴やゲストの見送りに夢中になって、時間に余裕がなくなっている事に、全く、気が回らなかったのですが、
そんな中でも、プランナーさんがしっかり時間を把握してくれていて、親戚をこっそり誘導してくれていて、 安全に時間通りの新幹線に乗ってもらう事ができました。
こんな事からも、自分たちがすっかり披露宴に夢中になっても、スタッフの皆さんが見えないところで、 万全のフォローをしてくれますので、心置きなく、存分に楽しめる披露宴にしてください。