report

Experience Report

ゲストの方々から、料理がおいしかったとの声を非常にたくさんいただきました。 瀬田 ・ 菊池様御両家

結婚式日時2016年2月21日
挙式スタイル人前式
披露宴会場LUCIS

LUCISを選ばれた理由は何ですか?

【マザーシップと吊り花】
 最初にウェディングフェアに参加させていただいたのですが、会場に入ってマザーシップテーブルと吊り花を見た時に、思わず「わお!」と言ってしまいました。これまで色々と結婚式には参加してきましたが、その存在感と斬新さに思わず発した言葉です。これは、参加していただいたゲストの方も同じくびっくりするだろうと思い、とても気に入りました。そして、マザーシップテーブルは、「ゲストと同じ目線で同じ時間を楽しむ」という想いが込められているとプランナーさんに教えてもらい、ますます気に入りました。

【ドレスのトレーンが栄えるバージンロード】
 通常バージンロードというと、チャペル後方の扉から参列者の間を抜けて祭壇まで続くものですが、LUCISさんのチャペルは、バージンロードがガラス張りのチャペルで外周まで続いています。そこを通るときに、ゲストが花嫁のウェディングドレス姿を横から見ることになります。トレーンの長いウェディングドレスを着てここを通ったら絶対綺麗!!と思ってました。

LUCISで結婚式をしてよかったことは?

【みんなが料理と飲み物を楽しめる】
 伝統の技と妥協を許さない素材へのこだわりを持った東天紅さんは、言わずと知れた中国料理の老舗店です。その味への信頼は絶大です。実際に参加していただいたゲストの方々からも、料理がおいしかったとの声を非常にたくさんいただきました。また、ゲストの中には、お酒が苦手だったり、妊娠中の方もいましたが、ソフトドリンクだけでなく、ノンアルコールカクテルも複数種類あり、そうしたゲストにも飲み物を楽しんでいただけたのは、とても嬉しかったです。

【コンパクトにまとまった会場】
 結婚式専用として作られた部分もあるので、ビューティサロン、親族控室、チャペル、フォトスタジオ、披露宴会場などがコンパクトにまとまっており、新郎新婦専用のエレベーターまであります。結婚式当日は、何のストレスも感じることなく進行でき、より多くの時間をゲストと過ごすことができました。これは大きな会場では出来ない、結構嬉しいことだと思います。

これから式を挙げる方たちにアドバイスをお願いします

【主役は自分たちだけど+α】
 なんだかんだ言っても、結婚式の主役は自分たちであり、自分たちが楽しめる式になるのは当たり前だと思います。しかし、どうせなら、お越しいただいたゲストの方にも楽しんでもらいたい。その思いを、ここLUCISでは叶えることができます。それは、マザーシップテーブルであったり、チャペルの椅子の配置であったり、美味しい料理であったり、それらがすべて箸で食べられたり、ノンアルコール飲料が充実していたり、様々なところに工夫が施されています。そうした積み重ねがゲストの方の満足度へとつながり、しいては自分たちの満足度へとつながるのだと思います。

【無理に頑張らなくても想いは伝わる】
 私たちは、お互い仕事が忙しかったこともあって、あまり準備に時間をかけられませんでした。披露宴でも特段、凝ったことなどもしておりません。その分、ゲストと話す時間を多く設けました。ゲストに来てもらうのではなく、私たちからゲストへ話しに行く。これだけでもLUCISさんのコンセプトに合うのです。LUCISさんはゲストを大切にすることをコンセプトにしております。そのための仕掛けがここにはいっぱいありますよ。